Skip to content

40才。女性です。まだパッと見は白髪は目立たないほうですが、根元や髪を束ねた時などよく見ると部分部分に白髪が出てくるようになりました。
ちょっと出かける前とか髪をセットしたときに白いもの、そう白髪が見えるとすごく嫌な気分になります。しかも白髪はなぜか固く丈夫いので根元で発見すると ツンツン立ってるような感じです。でも全体的に染めるまでは目立ってません。そこで私が使用したのは「サロン ド プロ カラーオンリタッチ白髪かくしEX」という商品です。
お出かけ前などに白髪を発見した部分にだけぬるタイプのものです。これがあるとちょっとした白髪もさっと隠せるのでとても助かります。
気分的にも白髪が一本あるだけでその日のテンションが下がります。この商品を使えば数秒で対処できますし、マスカラのようにぬるタイプなので手や皮膚を汚 すこともありません。今まではお出かけ前に白髪を発見したときは毛抜きで抜いたりしたのですが、毛根にはよくないですね。

白髪染めランキング
これから先きっと白髪が年齢とともに増えてくと思います。いつまでこの部分白髪ぬりで対処できるかわかりませんが、しばらくはこれでお世話になっていきたいと思っています。全体を染める時が来たらその時は美容室でやってもらおうと思っています。

2015年6月17日 / idifii

元々白髪家系ということもあり、20代後半から少しづつ白髪が目立つようになってきました。
最初は、白髪を見つけたら抜くようにしていましたが、どんどん増える白髪が抜ききれないのと、自分で抜くことができる範囲にも限界があり、市販の白髪染めで染めるようになりました。
市販の白髪染めのメリットは安価であること、気軽に染めることができるという点です。
美容室にいくと、白髪染めで5000円程度かかりますが、市販のものは1000円程度で済みます。
但し、市販の白髪染めを使うと、浴室が白髪染めの液のふき取り漏れなどにより黒く汚れてしまうこと、染めムラが出来ることがあること、日が経つと染めた髪の色が落ちてきて段々赤茶色っぽくなることがあるというデメリットもあります。
私が白髪染めを自宅でおこなうときは、白髪染めのにおいが髪に残らないようにすることと、髪が傷むのを防ぐこと、白髪染めによるかゆみを防ぐために、リン ス、コンディショナーによるケアをしっかりし、頭皮に白髪染めの液が付着したままにならないように念入りにすすぐことに気をつけました。
また、染ムラを防ぐために、髪は乾いたままにし、浴室の湿度があがらないように、しっかり喚起をしながら、説明書に書いてある放置時間プラス2~3分経ってから白髪染めの液を洗い流すようにしています。
浴室の壁に付着したままだと黒くなるので、シャワーで壁を洗い流すことにも気を付けています。

2016年5月6日 / idifii

三十代の後半に入って急に白髪が気になる様になりました。元々髪が太くて硬いので、白髪が出来るととても目立ってしまい悩んでいました。
美容院で一ヶ月に二度も染めるのは経済的にも厳しいので始めは美容院で一度染めて、半月後に市販の白髪染めを買って自分で染める事にしたのですが頻繁に髪を染める事を繰り返したせいで痛みが酷くなってしまいました。
元々太い髪質だったので触るとギシギシして、艶は全くなくなりました。
ヘアオイルやジェルなどを付けても纏まらなくなってしまったので髪の毛のケアにも気を付ける事にしました。
そこで使用する事にしたのがトリートメントタイプの白髪染めです。このタイプは髪の毛の表面に着色するだけなので長く効果は続かない代わりに髪の毛へのダ メージは軽くて済みます。更にトリートメント効果があるので艶や開いてしまった髪のキューティクルの補修効果も期待できました。
ヘアトリートメントタイプを使い始めて気が付いたもう一つの利点は、お風呂に入る時についでに髪を染める事が出来る点です。
これだと面倒なくついでに仕えるので負担が気持ち的な負担が減りました。
今では月の初めに市販の白髪染めでなるべくダークトーンのカラーに染めて、二週間程した頃から週に1~2回ずつ洗い流すヘアトリートメントタイプの白髪染めを使っています。この二種類を併用する事で、白髪が目立ち始めるのがかなり遅くなりました。
また月に二度染料で染めていた時に比べると、トリートメントタイプの白髪染めのお陰で触った時のギシギシ感がかなり緩和され艶が戻ってきました。

/ idifii

30代半ばになり、白髪が増えてきました。
伸びかけた白髪がピョンピョンと飛び出している状態で、本数は少ないもののすごく目立つんです。
市販の白髪染めを使おうかと思っていたんですが、
母が市販の白髪染めを使って髪の毛が傷んでいるのをまじかで見ていたため、
髪の毛に負担の少ない商品がないか探していたんです。

ネットで見つけて購入してみたのが、「テンスター ヘナカラートリートメント」です。
一般的な白髪染めと違い、シャンプーの後にトリートメントのように使用し、
徐々に白髪に色をつけていくというものです。
ヘアカラーと違って、一回でしっかり白髪が染まるわけではないので、
最初の一週間は毎日使って色を浸透させなくてはいけないんですが、
何と言っても髪の毛が痛まないのがメリットで、痛まないどころかトリートメント効果でつるつるになります。
カラートリートメントの使用をやめると一週間から2週間で元の色に戻ってしまうため、
私は週に2回くらいは使用しています。
普通の白髪染めよりも手間はかかるように思われがちですが、週に何回かずっと使っているためリタッチの必要もなく、
「そろそろ白髪染めしないとまた白髪が伸びて目立ってきている」っていうストレスもなくおすすめです。
湯船に浸かりながら染められるし、ケープをつけたり汚れないような服に着替えたりしなくてもいいのも助かります。

正直普通の白髪染よりも染まりは悪いとは思いますが、
髪の毛や頭皮のことを考えると、ヘアカラートリートメントはいい選択だと思っています。
母にも勧めましたが、やはり一回で染まるのが理想とのこと。
ただ、白髪染め剤で髪の毛がバシバシになるのはやっぱりきになるということで、
白髪染め剤で一回で染め、3〜4週間で生え際の白髪が目立ってきたらヘアカラートリートメントで目立たないように
染めていくという方法で、母も白髪染めをしながらきれいな髪の毛を保っています。

/ idifii